スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のわたしと雨

2歳半から17歳半までを、わたしは山中の町で過ごした。
その町には湖があり、山なのでよく雨が降った。

小学校の帰り道、雨の日に国道沿いを歩いていると、すぐ横の車道を乗用車やトラックが勢いよく通り過ぎていく。
あ、速い車が通るな、と思ったらわたしは上に向けて差していた傘を車道に向けて横に倒す。
そうすると車道の水溜りの水がこちらに飛んでくるのを防げるのだ。
車が通る度に傘を横向きに倒した。

そんなことを、今日東京でにわか雨が降ったので思い出した。
今でもあの町は同じようにたくさん雨が降るのだろうか。
わたしの町には小学校が2つ、中学校が2つしかなく、わたしの小学校は中学校もそのまま生徒が持ち上がりだった。
同じ小中時代を過ごした友人と今日会ったが、町ではよく雨が降るのかと聞けばよかった。
子供の頃は雨がもっと身近な存在だった。
それだけの話。

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

雨が降ると部活が休みになって自由に遊べるからワクワクした。
今でも雨が降るとあの頃ワクワクしていた感覚を思い出す。でも最近はパンティが降ってきた方がワクワクするだろうな、と思い始めて、過ぎ去った時間と自身の成長を感じる。どこに行けば、パンティの降る町に行けるだろう。
そんなことを、この記事を読んで思った。
ちなみに、今、全裸でコメントを書いている。
それだけの話。

NoTitle

>そ
逝ってよし!
つなビィ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。