FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】メフィスト 2010VOL.3 『天国という名の組曲(アルマンド)』

あさのあつこの短期集中連載の前編です。

メフィスト 2010 VOL.3 (講談社ノベルス)メフィスト 2010 VOL.3 (講談社ノベルス)
(2010/12/07)
講談社 文芸図書第三出版部

商品詳細を見る



あさのあつこの文章は私立の中学入試、国語の試験問題にも比較的頻繁に登場する。
端正な文章を書く、確固たる世界観を作るのがとても上手な作家だ。
今回の連載のテーマの1つとなるのが『生/死』だと思う。
人の生死を描くにあたって単にホスピスを舞台にした小説を書くのではなく、白兎という少年を登場させるところがあさのあつこらしい。
白兎は何の象徴なのだろうか。
贖えない罪を背負っている、というのは生きることが罪だというキリスト教の思想を即座に連想させる。
黯羽は逆に罪を何一つ犯していない清廉な存在だという。
白と黒という言葉のイメージどおり、それぞれが生と死を象徴しているのだろうか。
黯羽が白兎を岩肌から突き落としたことにはどんな意味があるのだろう。
黯羽も岩山から落ちたのですよね?
続きが単純に楽しみです。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

つなビィ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。