スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソチ五輪フィギュア団体 プチ感想

始まりました、ソチオリンピック!
ちんたらしてたら個人戦ペアSPが始まってしまいました。
なので団体戦については各種目のショート、フリーについて簡単な感想のみ。

【ショート】
男子シングル:プルシェンコのノーミス演技にガッツポーズして羽生君の強心臓で狂喜乱舞。チャンは3Aの苦手意識が出たか。羽生君のあの演技内容なら、プルも文句はないでしょう。

女子シングル:自国選手にとってもプレッシャーになるとしか思えないロシアコールの嵐。その中でパーフェクトな演技をしたリプニツカヤの度胸に脱帽。真央選手も個人戦の前にソチでの試合の雰囲気を体験できて良かったでしょう。コストナーの新しいショート、やっぱり変更して正解でしたね。

ペア:男子の後にペアのショートが行われましたが、会場もボルテージが上がったのか更なるロシアコール。ヴォロ・トラ組はよく精神コントロールしましたね、さすがです。髙橋・木原組はこれからの成長を期待したくなる演技でした。

アイスダンス:メリチャリの華やかな演技はさすが。テサモエのツイズルは驚きましたが、個人戦では修正してくるでしょう。

【フリー】
男子シングル:レイノルズのクワド3本すべて認定、めちゃ嬉しかった!しかも後半の3F-2Loとか、ね!セカンドループを跳んでくれる数少ない男子選手です。プルシェンコは個人戦に備えて余力を残した演技でした。町田君は後半の3連続にしようとしたところを2連続で止めていれば、あるいは…と悔やまれます。

女子シングル:とにかくリプニツカヤの強心臓よ。ゴールドの若さ溢れる勢いよ。そんな中でベテランのマルケイとあっこさんが大人の素敵な滑りを見せてくれました。女子は若い子たちの勢いがすごい。

ペア:最近はソロジャンプでシークエンスではない連続ジャンプを跳ぶペアも増えてますよね。見ごたえがあって嬉しいです。髙橋・木原組が五輪の舞台でフリーの演技を披露できたことを喜ばしく思います。

アイスダンス:個人戦を前に、メリチャリに追い風ですね。個人的にはメリチャリの方が好きですが、テサモエもとっても素敵なんですよね。個人戦では両カップルの完璧な演技を見られるでしょう。銅メダル争いはロシアですかね、どうなるか楽しみです。そしてリード姉弟のフリーダンス、とってもとっても素敵です。

【総括】
始まるまでは不安でしかたなかった団体戦。
蓋を開けてみれば選手だけでなくコーチたちも楽しんでいるようで、良いイベントになりましたね。
個人戦の前に五輪の空気を感じることができたのは、とりわけ初五輪となる選手にとっては良かったと思います。
また、平和の祭典としてのオリンピックを感じることができました。
日本はうまくいけば銅メダルが狙えるかも、でも厳しいよね、という世間の予想通りの結果となりました。
決勝に出場できただけでも、十分素晴らしいでしょう。
個人戦ペアのネタバレになりますが、(反転させて読んでください)

髙橋・木原組は個人戦でフリーに進めなかったので、団体戦でフリーを滑ることができたのは良い経験になったと思います。

これからひとつずつ技術を向上させていって、ユニゾンを高めていって、次回のオリンピックにも出場してほしい。
そして今度はショート・フリーともに素敵な演技を見せてほしいです。


さてさて、ペアのSPが終わって、ペアFSから男子へと個人戦が続いていきます。
全ての選手が満足のいく演技をできますように!

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

つなビィ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。