スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑤VS結弦 4/4

VS結弦 1/42/43/4から読む

P143 海外を練習拠点にするということ

「あれ、俺の周り、外国人ばっかり?」って(笑)。
前々から雑誌のインタビューとかで気付いてはいたけれど、羽生君はモノローグあるいは余程親しい間柄の人と話すときは一人称『俺』だけど、基本的に人と話すときは『僕』なんだよね。
皆さん当然ご存知のことでしょうが、改めてそう思った、ということで。

それにしても、海外を(英語圏を)練習拠点にしたことは、やっぱり彼にとって大きなプラスだったわね。
同じ世代の外国人と英語でコミュニケーショとることは、単にコーチや振付師とやり取りするだけでは学べないことを得られます。
(しかも英語がネイティブではない同世代の外国人と話すということは、とっても大切。)
自発的に発言しなきゃコミュニケーションにならないから。
そしてその経験が今後のコーチ・振付師とのやり取りにも役立つことでしょう。
羽生君はもともとクリエイティブでアーティスティックな人。
そんな彼が英語をある程度身につければ、更に才能が花開きます。
クリケットクラブを選んだことは、本当に正解。
彼の先見の明を心から讃えたいです。

P144 恋愛について

友加里「真央にも「合コン!」って言われてた気が。」
友加里「どんな人が好み? アナウンサーさん?」
結弦「(前略)いやいや、ちょっとまだ、早すぎますよ!」
このやり取り、めちゃくちゃ笑いました。
「まだ」って(笑)

P145 After Talkより

「今の日本チームは、羽生君から見て年上の選手が多いですし」
全日本が終わって、羽生・町田・髙橋とバランスの良い年齢差の五輪代表となったわけですが、強気な羽生君と町田君がまず団体戦で大輔に良い刺激を与えて、五輪全体としては大輔が、唯一の五輪経験者として若い2人の精神的支柱になればいいな、と思いました。
特に町田君にとって大輔の存在は、実はとても心の支えになっていると思います。
勿論羽生君の存在も良い刺激になりそうです。
このメンバーになったことで、一番メンタル面で背中を押してもらえるのは、町田君かも。

目次へ戻る  ⑥小塚崇彦 1/3へ

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

つなビィ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。