スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【感想】少女不十分【ネタバレ】


部屋を整理していたら、唐突に少女不十分の感想メモが記されているルーズリーフが出てきた。
わたしはこの本を出版されてすぐに読んだので、読了後すぐに書き殴ったものだと思われる。
そして、おそらくブログに感想記事をupしていないはずなので、乗り遅れた感は否めないがせめて今年中にということでupします。

※『少女不十分』以外の西尾作品についても言及しているため、それらも含めての【ネタバレ】有りです、ご注意を。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

【感想】こんな作品を待っていた! 『悲鳴伝』 【ネタバレ】

物語シリーズしか西尾作品を知らない職場の友人が、わたしが最近発売した西尾維新の小説を移動中に必死で読んでいると話したのを受けて、こう言いました。

「うっかりすると、電車の中で吹き出しそうにならない?」

この台詞を聞いて、あぁ、世間一般の西尾作品に対するイメージはこういうものなのか、と痛感したのでした。


以下、長々と感想です。

悲鳴伝 (講談社ノベルス)悲鳴伝 (講談社ノベルス)
(2012/04/26)
西尾維新

商品詳細を見る


続きを読む

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

No.6

あさのあつこの作品はほとんど全て読んできたけれど、大半は図書館で借りていた。
唯一自分で集めているシリーズが『No.6』で、つい最近完結した。

このシリーズは児童書の括りに入ると思うが、ただ読みやすいだけでなく綺麗な文章だ。
日本語も正しい。
このシリーズは終わりが必ず待ち受けているタイプの長編で、しかも終わりにたどり着く必然性がある物語だった。
それを理解していてなお、終わってほしくないと思ってしまった。
ここまで完結が名残惜しい作品は、わたしにとって久しぶりだ。

寂しいのだけれど、物語はきちんと語られ、読後には希望が残った。
あさのあつこの素晴らしいところは、どんなに過酷な物語でも必ず希望がある、ということ。
だからこの作家は児童文学界で活躍できているのだと思う。

ちなみにこの『No.6』、先週からフジテレビのノイタミナ枠でアニメ放送が始まった。
第2話は明日放送です。
普段はテレビを見ないわたしですが、久々に毎週見る番組ができたみたい。
ネズミの歌声が怖くもあり楽しみ。

【感想】傾物語 まよいキョンシー

傾物語 まよいキョンシー(西尾維新)の感想です。

傾物語 (講談社BOX)傾物語 (講談社BOX)
(2010/12/25)
西尾 維新

商品詳細を見る


続きを読む

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。