FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人とわたし2014

今年初の、老人とわたしシリーズです。
このシリーズも増えてきたのでカテゴリを作りました。
2014年一発目は2本立てでお送りします。

続きを読む

スポンサーサイト

老人とわたし(本当の、今年最後の)

先日の記事で、今年の老人とわたしシリーズは最後だろうと書きましたが、まさかの更新です。
というか、今回わたしは生まれて初めて、自分の『無駄にお年寄りに話し掛けられるという特技(?)』に感謝しました。
その方と、お友達になったのです。

今までは一度限りの関係だったのである程度詳細を書いていましたが、今回はこれからもお会いすると思うので、場所等は伏せますね。
都内某所で偶然席が隣り合って、第三者の介入もありつつ会話が始まりました。
第三者の方は途中で退席し、残されたわたしたちは25才と83才。
会話をするうちに打ち明けてくださったのは、実は彼女は台湾人だということ。
ワタクシ、昨年のGWに友人と台湾に行って素晴らしい時間を過ごしたんです。
台湾が親日なのは知っていましたが、現地で地下鉄に乗って周囲を見渡しても台湾人と日本人の顔つきは殆ど区別がつきません。
中国とか韓国の人は、お互い何となく分かるじゃないですか。
でも、台湾人は本当に分からない。
しかも台湾人からも区別がしづらいようで、地下鉄のホームで現地の人に現地語で何か質問されてしまったほど(笑)

そんな感じで台湾は本当に良かったって話をしたら、とっても喜んでくださって。
わたしは現地にいる間に気づいたのですが、台湾でも特にある年代以上の方が特に日本人に親切なんですよ。
そして皆さん日本語を話せるのです。
何故だか分かりますか?
第二次世界大戦が終わるまでの50年間、台湾は日本が統治していたんです。
一応これでも入試で世界史使いましたから、知ってました。
日本統治時代は日本語で教育が行われていたので、その頃子どもだった人たちは皆さん日本語を使えるんです。

そのおばあさんも年齢を考慮すれば納得ですが、本当に流暢に日本語をお話しになるんです。
というか、家族との会話も日本語だったそうです。
戦中に軍人だった日本人のご主人と出会って、戦後日本にいらして、そのまま日本に住んでいるということでした。

現在住んでいる場所がお互い近いことが判明したので、その週の日曜日にまたお会いする約束をしたんです。
そしてデートしたのが一昨日のこと。
Fさん、と下の名前でお互い呼び合っているのですが、Fさんはとっても歴史好き。
おばあちゃんだけど、いわゆる歴女です。
日中韓の歴史関係は人物背景も含めて本当に詳しい。
年齢を重ねていらっしゃるのに全然ボケてないし、お話し上手。
出会った日も結局2時間話して、日曜は4時間もお喋りしました。
台湾旅行の時の写真やらを持っていったら喜んでくださって、良かったです。

今までお年寄りに話し掛けられても、自分が相手の話を聞いてあげてる、という感覚しかありませんでした。
でもFさんとは、会話しているんです。
歴史トーク以外にも話題は広がって尽きませんし、何よりFさんが可愛らしい!
純粋に、Fさんと一緒にいると楽しいんです。
本当に偶然の出会いでしたが、こんなことってあるんですね。

お互い名前しか教えていません(Fさんは携帯電話を持っていないのだ)。
住んでいるところも、『あそこらへん』レベルでしかお互い知りません。
でも、Fさんは最初にお会いしたところや日曜のデート場所に頻繁にいらっしゃるらしいので、約束しなくても絶対にまた会えます。
Fさんが何度も手を握ってくれて、わたし、嬉しかったのだ。

Fさん、この前は台湾旅行の話を聞いてくれてありがとうございました。
最後に帰られたのが10年前とのことで、最近の台湾の様子が少しでも伝わったなら嬉しいです。
次にお会いしたら、最初の日に話した歴史トークの続きをしましょうね。
寒い日が続いているので、風邪にはお気をつけて。
次にお会いしたら、またここで皆に自慢させてくださいね。
こんなに素敵なお友達ができました、って。

老人とわたし@ドトール

ご無沙汰してます。
ご無沙汰ばかりしているので、毎回「このブログの読者はもういないと思いますが」と接頭辞を付けなきゃなりません。
更新しようとは、度々思うのよー。
でも何故かログインできなかったりして、面倒臭くなって諦めちゃうのよー。
さて、今回せっかくログインできたので、ディスプレイの向こうの無人の空間へ、駄文を連ねます。

恐らく今年最後になる、老人とわたしシリーズ。
場所は都内某所のドトール。
隣席のおじいさん(推定60代)に、唐突に話し掛けられました。
ここまでは過去に幾度となく経験してきたパターンです。
ただ今回はいつもと大きく異なる展開が待ち受けていました。
端的に言うと、今回のはナンパだった!笑

わたしはね、発売日当日に手に入れた3DSの進撃の巨人のソフトを、カフェでゆっくりプレイしようと思っていたのです。
駅前だったから、すれ違い通信も引っ掛かってくれる立地条件でしたし。
しかしゲーム機を取り出す暇もなく、話し掛けられてしまいました。
仕方ないから世間話にお付き合いしておりました。
向こうも、この後人と会う予定があると言っていたので、まぁどこかで区切りが訪れたらゲーム機を取り出そうと、辛抱強く会話をさせて頂いてました。
だが、いつまで経ってもその区切りが訪れない!
嫌〜な予感がしてきました。

結果、ドトール近くの蕎麦屋で天ぷら定食をご馳走になりました。
ドトールで相手の名刺も頂きました。
わたしは、しつこく聞かれたので仕方なしに下の名前だけ教えてあげました。
ワタクシ、苗字がかなりレアなのでフルネームを教えたら完全に個人を特定されちゃいますから。
下の名前は、あり触れた名前でございます。

かれこれ4時間半は彼と行動を共にしましたかね。
進撃をプレイすることは叶いませんでしたよ、ええ。
何のためにカフェに入ったんだか…
結局、良くも悪くも聞き上手なんでしょうね、わたしって。

会話そのものは有意義でしたよ。
楽しいひと時を過ごせたな、とは思っています。
しかし拘束時間が長過ぎた。
途中から、もうこれはボランティアだと思うことにしました。
学生時代からボランティアには興味のない薄情な人間ですけれど、たまにはボランティアもいいものですね!←自暴自棄

おじ様、貴重な経験をありがとう。
でもブログで本音を言うことくらい許してね。
流石に迷惑でした!
ごめんね、こんな風にしか思えなくて。
でも、おじ様も年の離れた女性と沢山お話しできて楽しかったよね?
ご本人の前では嫌な態度はとらなかったんだから、ここで本音を書くことくらいは許してね。

お蔭様で、わたしは行きつけのカフェをひとつ失いましたよ。
正直ね、もうあなたとお会いするのは勘弁です。
いつかまたお会いする機会があれば、会釈だけして、わたしは自分の過ごしたいようにやらせて頂きます。
それくらいの自由は許してね。

ここまで年齢の離れた方と長時間ご一緒するのは、初めての経験でした。
良い人生勉強になりました。
あなたはとってもお話し上手でしたよ。
その話術で、また新しい人と雑談に花を咲かせてくださいな。

いやぁ、ホントに珍しい経験をさせて頂きました。
そのことには感謝の気持ちをお伝えします。
ご本人もわたしと過ごした時間を楽しんでくださったでしょう。
お互い楽しいひと時だったね、それで良しとしませんか。
嫌な言い方になっちゃいますけど、もう勘弁してくださいな。

それにしたって、わたしも久しぶりとなる初対面の方との会話を楽しませて頂きました。
あの日は良い経験になりました。
どうぞこれからも健康にお過ごしくださいませ。

今回はわたしの浅い人生経験の中で、初対面の方との中では最長のトークでした。
相手が若者だったら、早々に切り上げて退散していたと思います。
あなたは本当に博識で、魅力的な人間です。
きっとこれからも異なる世代の方々と素敵な時間を過ごせることでしょう。
是非わたしのようなつまらない人間より、もっと魅力的な若者とお話しなさってください。

以上、最も最近わたしの身に起きた「老人とわたし」の時間でした。
きっとこれが年内最後の老人とわたしシリーズです。
また来年以降もシリーズとして記事にしたいものです。
わたしの毎年恒例の出来事、その年内最後があなたとの会話で良かったです。

さーて来年も世代の異なる方とお話しできたら、わたしはとっても嬉しいです。
今年も沢山のお年寄りと出会いがありました。
話し掛けやすい印象を持って頂けることは、純粋にありがたく思っています。
今年も終わりが近づいていますが、いくつか書きたい記事があります。
年内に少しでも多くエントリーを増やしたいものです。
もしこのブログを定期的に覗いてくださっている方がまだいらっしゃるなら、気が向いたら時に遊びに来てくださいね。

今年は大好きなフィギュアスケートのエントリーもほぼ投稿していません。
読書感想文もかな。
いくつかネタはあるので、ひとつでも多く更新したいな。
近日中にまた更新するつもりなので、宜しければ読みにいらしてください。

ではでは、今回はこれにて。

テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

老人とわたし @新宿

新宿の某カフェにて、おじいさんと。
隣の席にて電話していたおじいさんが、電話の相手が言った目印の場所が分からない様子だったので指し示す。
ゴルフの帰りにご友人が携帯を電車に忘れたのを拾ったらしく、そのご友人が公衆電話から掛けてきた電話だった模様。
少し雑談をして、おじいさんは出て行った。
無事に携帯渡してあげられたらいいな。

おっさんとわたし

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

さて、2013年の最初の記事は、老人とわたしシリーズおっさんバージョンですよ。
今年も変わらず、見知らぬ人々に話しかけられております。

コンビニから出てきたら、交差点の信号待ちの車道から話し掛けられた。
声の主は50前後のおっさん。

「〇×※△はあるのか!」

え?
何ですか?

バイクにまたがったおっさんに近づくわたし。

「マックだよ!この近くにマックはあるのか?」

ああ、マクドナルドね。
おっさんの進行方向と逆にありますよ、っと。



しかし、歩道にいる状態で車道から話し掛けられたパターンは初めてだな。
そんなバリエーションいらんけど。

つなビィ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

りんご

Author:りんご
鬱、睡眠障害、甲状腺機能低下症、へなちょこ。

*好き*
フィギュアスケート、西尾維新、森博嗣、あさのあつこ、金城一紀、帚木蓬生、アレックス・シアラー、GLAY、L'Arc~en~Ciel、Vanessa Carlton、もやしもん、桃太郎電鉄シリーズ、逆転裁判シリーズ、レイトン教授シリーズ

*嫌い*
甘いもの、辛いもの、虫

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
アナライザ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。